MY TREND NEWS

個人的に気になった時事ネタを記事にしていきます。

楽しんご、急性腹膜炎で緊急手術!2017年は仕事をセーブする?

5月7日に楽しんごが急性腹膜炎で緊急手術を受けたようだ。

かなり病状は重かったらしく、「どうなるんだろう」と本人、またはファンの人をも心配にさせたはずだ。ただ今は驚異の回復力を見せており今週中には退院できるとの事。

せっかくなので2017年の楽しんごの今後について予想してみることにする。

 

 

今後もイベントで活躍?

 

楽しんごは4月28日にも都内のイベントに参加している。

その時は体重が急増していることを明かして世間をにぎわせた。

「楽しんご、激太り」というニュースが出回ったので知っている方は多いと思う。

 

だが今後は仕事をセーブするだろうと予想される。

本人も自覚しているはずだ。自分の体調が良くないことを。

実際今回の急性腹膜炎も楽しんご本人の生活習慣は多少影響しているだろう。

 

テレビに出ていた2011年は62キロだった体重だがこの時すでに84キロになっている。

本人が述べているのだから間違いない事実であろう。

だとするとこの5年間ほどの期間で約20キロも太った計算だ。

 

20キロ太れば当然ウエスト周りも肩幅も全てが変わってしまう。

体型自体変化するので服を買い直す必要が生じるだろう。

 

楽しんご、テレビでの需要は?

 

残念ながらテレビでの需要は少ないと言わざるを得ない。

需要があれば「しくじり先生」などで出演してもおかしくない人材だ。

だがここまでテレビに出ないのにはわけがある気がするのだ。

 

「楽しんごに触れるとなにか怖い」

 

このイメージがあるのだろう。

これは全く持って固定観念に過ぎないが正直分からなくもない。

確かに楽しんごが今テレビに出ると笑えないだろう。

批判の的になるに違いない。

 

だからこそ個人的に思う事は、2017年は仕事をセーブしてほしい、ということ。

あんまり無理して体調を壊すよりはゆっくり自分と向き合って生活する時間を持ってほしいのだ。楽しんごはまだまだテレビで活躍できる、と感じる。

 

だが本人の努力次第であることに変わりはない。

 

テレビ以外で大成してほしい

 

またはテレビ以外の仕事で大成することもあろう。

キングコングの西野が良い例だ。

テレビに出て発言するたびになにかと話題になるが、絵本作家としての彼の実力は目を見張るものがある。間違いなく日本を代表する絵本作家になりつつあるのだ。

 

楽しんごに関しても同様の事が言えるだろう。

自分の特技を見つけてそれを生かす。

その時に新たな需要が生まれるに違いない。

 

2017年は仕事をセーブしながら体調に気を付け、新たな一面を見せてほしいものだ。

今後の楽しんごに目が離せない。