MY TREND NEWS

個人的に気になった時事ネタを記事にしていきます。

レアルが狙うヴィニシウス・ジュニオールとは?移籍金は?

レアルマドリードはまたしても神童と呼ばれる選手を獲得するかもしれない。

その名は「ヴィニシウス・ジュニオール」。フラメンゴのチームに所属し現在ゴールを量産している選手だ。

 

もしこの移籍が実現するならレアルはウーゴデーアに続く神童を獲得することになる。

今回はこの選手が一体何者かについてまとめてみようとおもう。

 

f:id:zakkiblog:20170509052013j:plain

出典元 ヴィニシウス・ジュニオール サッカーキング

 

ヴィニシウス・ジュニオールとは?

 

この選手はフラメンゴ所属のFWで現在16歳。

 

20歳以下の大会でゴールとアシストを量産するストライカーだ。

「新しいネイマール2世」とも呼ばれるほどの腕前で、プロ契約をすでに結んでいる。

 

レアルマドリードが本腰を入れて獲得を迫っている噂があるが、注目しているのはレアルだけではない。バルセロナやチェルシー、マンチェスター・U、マンチェスター・C、そしてアーセナルら世界の強豪チームがジュニオールの今後に注目している。

 

尚フラメンゴとの契約期間は2019年6月までの長期契約だ。

つまりこの契約通り考えるなら18歳まではフラメンゴに所属することになる。

だがレアルマドリードはなりふり構わず狙ってくるだろう。

高額な移籍金を払ってまで獲得を迫ると予想される。

 

これまでクリスチアーノロナウド、ガレス・ベイル、カリムベンゼマ、ハメスロドリゲス、イスコ、など高額な移籍金を惜しまず投資してきた。

レアルマドリードはスター選手を集める為ならどんな手でも使うのだ。

 

気になる移籍金は?

 

ここで気になってくるのが移籍金だろう。

果たしていくらで移籍するのか。

調べてみると移籍金73億円を用意しているとの情報があった。

 

16歳の若者に73億は少々高い気がするのは気のせいだろうか。

フラメンゴ側の移籍金設定額は3000万ユーロ(約36億円)だ。

 

36憶でもフラメンコ側からは大金に違いない。

だがレアルマドリードはさらに1500万ユーロ(約18億円)をプラスする方針だという。

しかも代理人と両親にもそれぞれ800万ユーロ(約9億6000万円)を支払うのだ。

 

その結果が73億というわけ。

 

 

まとめ

 

「青田買いにもほどがある」

 

こう感じた人は多いはずだ。確かに未来のネイマール候補と考えれば安いのかもしれない。しかしジュニオールがここまで大成するかは誰も分からないだろう。特に怪我をしてしまえば圧巻の終わりだ。

 

たとえスーパースターでも怪我をしてしまうとレギュラーどころかベンチにすら座れない。しかもレアルマドリードは銀河系軍団と呼ばれるスーパースターの寄集めなのだ。果たしてヴィニシウス・ジュニオールはどんな決断を下すのか。今後に期待だ。