MY TREND NEWS

個人的に気になった時事ネタを記事にしていきます。

トッティが現役引退!フロント入りする実績と経歴

トッティが今季限りで現役を引退することが決まりました。

ローマの新しいSDモンテ氏が明らかにしました。トッティは現在40歳。そしてフロント入りすることも決定しているようです。確かに今までのローマでの活躍を見ればフロント入りも当たり前の結果なのかもしれません。

今回はそんなトッティのいままでの実績や経歴をまとめてみます。

 

f:id:zakkiblog:20170504111326j:plain

デビュー

最初のデビューは1993年3月28日ブレシア戦。

なんとその年16歳です。ローマのトップチームで初めてピッチに立った瞬間ですね。この時はだれもここまでの選手になるとは思っていなかったと思います。

 

1994年9月4日フォッジャ戦。

セリエA初得点の試合です。初ゴールまで1年ほど時間が掛かったんですね。ただトッティは着実に成長していきました。

 

レギュラーに定着したのは1994-95シーズンです。

1997-98シーズンは21歳でキャプテンマークを巻き始める、という異例の待遇を受けました。生粋のロマ二スタだったのでキャプテンとして選ばれてもファンは納得したと思いますが。キャプテンの素質だけではなくサッカーのプレー技術も非常に高かったことが分かります。

 

攻撃的MFとして

その後ファビオ・カペッロが本人を攻撃的MFの位置にコンバートします。この頃から偽9番としての練習が始まったのかもしれません。シュートを積極的に打つように指示されたトッティは本気でゴールへの執着を抱き始め攻撃的MFとしての花を咲かせました。

 

2000年にセリエA最優秀選手、

バロンドール投票は2000年に14位、2001年に5位に入るという記録を残しました。


そして12月19日のパルマ戦。

セリエAの通算107得点を記録。この記録でローマで一番得点を挙げた選手となります。最も多く得点を挙げた選手となった。

 

その後さまざまな苦悩がありましたが、(怪我など)問題を乗り越えて、ベテランの域に達した時には偽9番として攻撃をけん引し続けました。

 

まとめ

トッティが現役引退は悲しいですね。ここまでローマで最高のプレーを見せ続けてきたのでその姿を見れなくなるのは正直誰もが悲しいと思います。ただフロント入りすれば今度は違う視点でローマにかかわり続けるトッティを見ることができるので、楽しみです。

 

今までの実績と経歴を考慮に入れてフロント入り。選手にとっては最高にうれしいですよね。今までの努力が報われた瞬間でもあります。そんなトッティの今後に目が離せません。個人的には最後までローマにいてほしいです。