MY TREND NEWS

個人的に気になった時事ネタを記事にしていきます。

田中将大「1アウトの意味」NHKプロフェッショナルで見える素顔

2017年5月1日の夜7時30分から。

 

NHKのプロフェッショナル~仕事の流儀~で放送されるのは日本を背負うプロ野球選手。今やだれもが憧れる大リーグで活躍中の田中将大投手だ。

 

田中将大は今シーズンでアメリカに渡米してから4年目になるそうだ。

楽天イーグルスで猛威を振るっていた記憶からもう4年経ったのか、と考えると早く感じるだろう。

 

今回はそんな田中将大の「仕事の流儀」に迫る番組になりそうで楽しみである。

 

f:id:zakkiblog:20170428160245j:plain

NHK プロフェッショナル 仕事の流儀

 

1アウトの意味

タイトルは「1アウトの意味」。

とても深い意味があるような気がしてならない。

田中将大にとって1アウトは野球人生の中のほんの一幕に過ぎない。しかし、そんな小さなところにも全力で向き合い戦っていく素顔を知ることができるだろう。

 

田中将大の素顔

球速150㎞を超えるストレートは時にバッターをさえ震え上がらせる。海を渡った遠くのスタジアムで起こる歓声がテレビを通しても十分に伝わってくる。

 

しかし田中将大の真骨頂はストレートでない。

 

頭の回転だ。

 

いかにバッターの先を読むか。その洞察力と、いつでも冷静に物事を見るための落ち着きが必要なのだ。田中将大はこの点で並の選手と一線を画している。メジャーの地で4年間トップに立ち続けられるのも、それが理由だろう。

 

度々ヤンキースのレジェンド「ジーター」と比較されてきた。田中将大はいつしか、チームのレジェンドと比べられるまでに成長したのだ。

 

しかし開幕戦は7失点と、今までの野球人生の中でも最悪の出来。

 

そこからどう這い上がり、今に至ったのか。

 

今回のプロフェッショナルでより明らかにされるだろう。間違いなく田中将大はヤンキースの顔。いや、日本プロ野球界を背負うレジェンドになりつつあるのだ。

 

それらは全てたった一つの「1アウト」から始まる。

 

1アウトを取れる者は2アウトも取れる。1アウトを取れない者は2アウトすら取れない。これは当たり前のように感じるが野球において基本中の基本だ。1アウトの積み重ねが野球を作り野球を面白くしていくのだ。

 

並の選手は1アウトの本質を理解しない。そのためにたった一つのミスから失点してしまう。結果その試合はあっけなく敗戦するのだ。それが通常選手の実力。

 

果たして田中将大はどうやってスーパースターへと上り詰めたのか。

毎回毎回真剣にバッターと向き合い本気で投げ続け、ストレートやカーブを自由自在に投げ分けバッターを混乱させる。

 

頭の回転と洞察力が生んだ最高級の選手のドキュメンタリー番組が今始まろうとしている。