MY TREND NEWS

個人的に気になった時事ネタを記事にしていきます。

「もうあかん やめます!」で話題のオットーが破産する不思議な世界

突然ですが「もうあかん やめます!」という垂れ幕を提示し続けて任を博したシューズ オットー というお店を知っているでしょうか。どうやら先月4月26日に破産手続きの決定がなされたようです。しかしこれについて不思議に感じる人も多いはず。

 

f:id:zakkiblog:20170519120756j:plain

 

シューズオットーは潰れない

 

どこかにシューズ オットーは絶対に潰れないのという固定観念があったのだと思います。店頭に「もうあかん やめます!」という大きな幕を下ろしながらもずっと続いてきたお店。そのお店が潰れてしまうと全てを否定してしまうようで、受け入れられない人も多いはず。

 

なんとその垂れ幕は20年以上にわたっておろし続けられたそうです。ですが今回、その幕が本当におろされる時が来るのかもしれません。様々なシューズを展開しコアなファンを集めることに尽力してきたオットー。自己破産はなんとも苦しい結末と言えます。できれば続けてほしいですね。

 

シューズオットーとは?

 

シューズオットーとは創業昭和52年4月に始まった小さな会社でした。店じまい売り尽くし、と題して大々的にセールを行ったこともあったそうです。ただ実際には他の会社が店舗を引き継ぐようなので、これからどうなっていくのかはまだ分からない状況、と言えるかもしれません。

 

まとめ

 

個人的には今まであった隠れ家的なお店がなくなるのはとても寂しいです。自分だけの行きつけの場所と思っていたのに急に潰れてしまう。こんな寂しい事はありません。「もうあかん やめます!」という垂れ幕を苦笑いしながらも、名物としてみていた人も多いはずです。

 

だからこそできれば続けて欲しかった。20年と言わず、30年、40年と継続してほしかった。そう思う人が多いはずです。それほそシューズ オットーは多くの人に愛されて続いてきたお店なのかもしれません。

 

今回は破産手続きが行われたという事なので、ここから会社が持ち直すことはないと思います。どこか別の会社がここを引き取って同じように経営していくのでしょう。ですができればこの「もうあかん やめます!」の垂れ幕はおろさないでほしいですね。

 

辞めないからこそ、垂れ幕が良きる

 

辞めてしまえば垂れ幕の意味がない

 

気が付かないうちにそのように認識していたのかもしれません。シューズ オットーはこれからも人々の脳裏に焼き付いています。そして今後も消え去ることはありません。あの「もうあかん やめます!」の垂れ幕は人々の心におろされ続けているのです。