読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MY TREND NEWS

個人的に気になった時事ネタを記事にしていきます。

リオネルメッシの年棒(日本円で手取り)はいくら?時給は?

リオネルメッシが大活躍中だ。2017年になってもその人気は衰えるところを知らない。

今季も33ゴールを記録し圧巻のパフォーマンスを見せ続ける。

 

そんなリオネルメッシの年棒はいくらなのか、日本円で計算するとどれほどだろう。

手取りは少し減るに違いない。時給に換算しても気になる。今回はそんなメッシの給料についてまとめていきたい。

 

 

メッシの年棒

 

まず始めにメッシの年棒についてだ。2017年時点でリオネルメッシの年棒は4000万ユーロと言われている。これは2017年時点での額だ。ただこれだけではない。

 

スポンサー収入などの別の収入がここにプラスされる。総額はなんと8150万ドルになるそうだ。もちろん大まかな額になっているので多少の誤差はあるだろう。だがサッカー界でもここまでの多大な影響力がある選手は見たことがない。

 

あってもクリスチアーノロナウドやネイマールぐらいだろう。

 

日本円にすると

 

この8150万ドルという数字だが日本円にすると約88億8000万円になるそうだ。

 

途方もない数字だろう。しかしこれは単純計算した額であって実際はかなりの差があるだろう。少し前のニュースでも税金に関することで話題になった。サッカー選手にとって税金絡みのニュースはよく聞くもの。果たして手取りはいくらになるのだろうか。

 

手取りはいくら?

 

2017年バルセロナは新たな契約を掲示した。手取り年俸3000万~3500万ユーロ(約37~43億円)になると言われている。だがメッシの代理人はこれを拒否。さらに金額はアある見込みのようだ。

 

つまり2017年のメッシの手取り年棒は3500万ユーロ以上(40億以上)になると予想される。だがこれは年棒の手取りであってスポンサー収入は含まれていない。全ての総収入を含めるとこの金額の倍近くを見込めるかもしれない。

 

メッシの時給は?

 

ここで気になるのがメッシの時給だ。計算するととんでもない数字が出てくる。

 

時給 約2,000ユーロ(約24万4,000円)

 

メッシは1時間で何もせず24万稼ぐ男なのだ。

 

まとめ

 

リオネルメッシは今後も活躍する事だろう。今のところバルセロナ側からのオファーは代理人が断っているが、お互い納得のいくところで上手く折り合いをつけるはずだ。さすがに交渉が難航し他のクラブに移籍するなんてことは考えづらい。

 

バルセロナ側もそれを許さないはずだ。バロンドール5度獲得した選手を手放すチームなど存在しない。今後のリオネルメッシに要注目だ。

 

関連記事

トッティが現役引退!フロント入りする実績と経歴

モウリーニョにいじめられマルシャル退団?マンUに潜む薄暗い影