読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MY TREND NEWS

個人的に気になった時事ネタを記事にしていきます。

海堀あゆみの現在、GKからフィールドプレーヤへ!

海堀あゆみという選手をご存じだろうか。

なでしこジャパンのゴールキーパーとして日本のゴールを守り続けた選手だ。

 

2011年には正ゴールキーパーとしてピッチに立ち初のワールドカップ優勝を成し遂げた。あの時アメリカとのPK戦でゴールを守った人物こそが海堀あゆみだ。

 

そんな華のある人生を送ってきた彼女だが1年前に現役を引退。

サッカー人生が終了したかに思われた。

 

しかしここから快進撃が始まる。誰が現役復帰を予想したであろうか。

しかも今度はゴールキーパーではなくフィールドプレーヤーとしての復帰なのだ。

 

 

現役復帰のきっかけ

 

現役に戻るきっかけは熊本の地震だったようだ。海堀はINAC所属時代に熊本との関わりが多くかった。しかし熊本自身が起きた後はこれといった支援ができずにいたようだ。

 

海堀は自分のもどかしさに落ち込み、何とかしたいと考え続けた。

 

そして先月の9日。(4月9日)

 

日本代表とコスタリカ代表の選手のイベントで熊本を訪れた際に、INAC神戸でGMとして活躍していた、山本泰典氏と再会したようだ。この山本氏は現在熊本ルネサンスのチームのGMを行っている。そこで話を実際に聴き彼女の心にある変化が生じた。

 

「もう一度サッカーで恩返しがしたい」

 

その気持ちが募ったのだろう。

別の雑誌には海堀自身のコメントがこう表現されている。

 

「熊本にはINAC時代に試合でよく来ていたので親しみがあった。女子サッカー界にも恩返ししたかった」

 

 

海堀はついに決断を下した。

たとえどんな結果になろうとももう一度サッカーで恩返しをしよう。それが熊本にできる自分なりの恩返しだと。

 

海堀あゆみの現在

 

現在は、5月4日から熊本ルネサンスのチームに合流している。

5月7日には選手登録が行われ試合に出れるようになるだろう。

 

しかしその登録が面白い。

どうやら「選手」兼「コーチ」で登録されるとのことなのだ。

 

つまり海堀は選手でありながらも、コーチとしてサッカーに関わっていくつもりなのだろう。実際にワールドカップでゴールを守った選手が教えてくれるというのは、熊本にとっても貴重な財産となる。

 

海堀はきっと胸を膨らませているに違いない。

確かにこれからの選手生命は下降線かもしれない。

しかしコーチとして、実際に他の選手を教える仕事は始まったばかりだ。

 

これからさらに磨きがかかることだろう。

間違いなく熊本ルネサンスは今後強くなる。

きっと簡単にはゴールさせない鉄壁の守備と規律がなされるはずだ。

 

海堀あゆみはそれほどの影響力を持った人物。

彼女の今後に目が離せない。