MY TREND NEWS

個人的に気になった時事ネタを記事にしていきます。

結局走ったもん勝ち。原口元気がハリルに好かれる簡単な理由

ハリルホジッチはこれからどう日本サッカーを熟成させていくのだろうか。ロシアワールドカップを控えた今、ハリルJAPANは重要な時期を迎えている。

 

このままワールドカップ予選を通過すれば、ワールドカップのグループリーグ本選に出場できるのだ。だがハリルホジッチは未だに前線の攻撃陣で悩み続けている。

 

f:id:zakkiblog:20170616163932j:plain

 

目まぐるしい前線の争い

 

以前の日本と言えば前線に岡崎慎司や本田圭佑、香川真司を並べた目まぐるしい展開を狙う作戦だった。だが大迫勇也が台頭してきた今、ハリルJAPANは変わりつつある。

 

大迫勇也は間違いなく日本を代表するポストプレーができるストライカーだ。今までポストプレーをそつなくこなせるストライカーは居なかった。岡崎慎司はポストプレータイプではない。全力で相手DFを追いかける泥臭いストライカーだ。

 

だが今回攻撃陣は一掃されるだろう。本田圭佑はACミランとの契約が切れようとしており移籍は間もなくと言われている。香川真司は怪我で離脱してしまった。乾貴士や清武弘嗣など新たな攻撃陣が台頭しているのは間違いない。

 

そう考えると必然的に大迫勇也がポイントになるのは当然の結果だ。ポストプレーができシュートが上手い。だが個人的には大迫勇也以上にハリルホジッチから信頼を得ている人物がいる気がしてならない。その人物こそが原口元気だろう。

 

原口元気が信頼されるのはドリブルでもシュートでもない

 

原口元気はサイドを縦横無尽に走り回る。左サイドバックの長友佑都が年齢のピークを迎えている今、左サイドが熱い。長友佑都は以前のようなドリブルをあまり見せなくなった。良い意味で落ち着いたのだろう。悪い意味でスタミナが無くなったとも解釈できる。

 

だがそんな長友の前には無尽蔵のスタミナを誇る原口元気がいるのだ。

 

原口は元々ストライカーの素質がある。ドリブルが巧みなのはハリルも十分わかっている。だがハリルホジッチはドリブルやシュート以上に原口のスタミナを評価している気がするのだ。

 

最後まで相手DFを追いかけまわし、スペースに走り込む。DFとしては縦横無尽に走られることこそ厄介なものはない。休む暇がないのだ。間違いなくこのスタミナは世界で通用するしロシアワールドカップでも重要になってくるだろう。

 

しかし一定のスピードよりもメリハリをつけた方が上手くいく場合もある。それがサッカーの面白い所であり醍醐味だ。バロンドールを何度も受賞しているスーパースター、リオネルメッシはどうだろうか。彼は走らない。

 

時にその場に立ち尽くし休むことだってあるのだ。だがいざとなればスイッチが入り簡単に敵のゴールをこじ開ける。原口元気がそんなメリハリを身に着けた時、ハリルJAPANはもう一つ上のステージに進むことになるだろう。