MY TREND NEWS

個人的に気になった時事ネタを記事にしていきます。

移籍してもベンチ?アーセナルと本田圭佑が噛み合わない理由

本田圭佑の移籍先候補にアーセナルが上がっているというニュースが報道された。本田圭佑はブランド力という意味では、ぜひ獲得したい人材だ。何十というスポンサーが付きアジアでの人気が高い本田を味方に付ければ、そのチームはアジアでの人気を得ることとなる。だが仮にアーセナルに移籍しても彼の居場所はない。

 

f:id:zakkiblog:20170616170108j:plain

 

プレースピードに圧倒的な差

 

本田圭佑はプレーが遅い。

 

これは度々ニュースで報じられた言葉だ。ただ実際はそこまで遅いわけではないだろう。日本では幾つもの劇的なゴールを決めスターとして扱われている。サングラスをかけて帰国した時には彼のファンで空港がパニックになる。彼は人気者なのだ。

 

だがその人気と実際のプレーを比較した時にギャップがあるのは否めない。というよりもACミランではほとんど出場できていないのだ。彼のプレーを見たいのに出場自体ない。この時点でACミランに居続けるのはナンセンスだ。サッカー選手はサッカーをしてなんぼである。

 

ベンチを温め続けることに満足するサッカー選手がどこにいるのだろうか。

だがACミランで出場できないのにはそれなりの理由がある気がするのだ。それこそが本田圭佑のプレースピードにある。他の選手に比べてワンテンポ遅い気がするのは否めない。ここでパスする、という一瞬の選択が遅れパスがつながらないこともある。

 

セリエAよりプレミアは厳しい

 

この事実を考えた時にセリエAよりもフィジカルとスピード、アグレッシブさを追求するプレミアでやっていけるのか不安に感じてしまうのだ。とりわけアーセナルはプレミアでも屈指のパスで攻撃を組み立てるチーム。パススピードは速く宮市亮や稲本潤一もレギュラーを勝ち取ることはできなかった。

 

そんなチームに本田圭佑が入ってアレクシス・サンチェスやメストエジルと対等に戦えるだろうか。もしチームに合流しても一体、本田圭佑が出場できるポジションはどこにあるのだろう。

 

どちらかというと、香川真司や清武弘嗣のほうがアーセナルには合っている。今からプレミアに戻るのは少し遅い香川真司はともかく、清武弘嗣ならアーセナルで輝ける素質を持っている。あのパス精度はアーセナルでも通用するはずだ。

 

だが本田圭佑に限ってはアーセナルではない。

 

アーセナルよりもプレースタイルが合うチームは他に幾つもあるはずだ。格安で獲得でき、しかもアジアからの人気を期待できる。そんな本田圭佑は今、移籍の注目株として目を付けらている。果たして最終的に彼は何処に向かうのか。今後の動向に注目だ。