MY TREND NEWS

個人的に気になった時事ネタを記事にしていきます。

サンシャイン池崎が激辛料理をたいらげる?有吉ゼミであり得ない才能発揮

2017年5月1日の有吉ゼミでサンシャイン池崎が激辛料理をたいらげるという暴挙に出た。灼熱マグマレッドカレーとも呼ばれる激辛料理をサンシャイン池崎は気合いで食べた。隣にいたゴルゴ、有森也実もこの暴挙に驚いていた。

 

f:id:zakkiblog:20170501194800p:plain

有吉ゼミ|日本テレビ

 

同じテンションのサンシャイン池崎

 

しかし最終的にはギブアップしてしまった。サンシャイン池崎はいつもと同様叫びまくり。この放送でも有吉弘行をワイプ越しに驚かせる高テンションぶり。しかし最終的にはゴルゴが完食するという不思議な現象に。そして完食したゴルゴに与えられたのはココナッツアイス一つだけ、という悲しい現実が待っていた。

 

その後ロケの放送から番組内に戻ったスタジオにはあの大食いタレントギャル曽根が。終始苦笑いで笑っていたことからもしその場に自分がいたら余裕で食べていただろう、ということを想像していたのだろう。

 

しかしながらサンシャイン池崎、ゴルゴ、そして有森也実の3人にはきついロケになったに違いない。最後のゴルゴが唐辛子を完食した時、今にも出そうな顔つきだったことを考えるとかなり無理したことをうかがい知ることができる。

 

だがサンシャインゴルゴ(サンシャイン池崎の服をなぜかきていたのだが)はめげなかった。あの行動はサンシャイン池崎本人も驚いたに違いない。今までの苦労が水の泡というほど、ゴルゴの行動は凄まじかった。

 

本気のバラエティー番組はこういうものだと実感しただろう。サンシャイン池崎は今まで様々な企画に挑戦してきた。ドッキリから体当たり企画までできるものは全て行動してきた。だが今回のゴルゴとの一件を見た視聴者は物足りなさを感じただろう。

 

サンシャイン池崎はまだまだだな、と。辛口かもしれないが本気でバラエティー番組に挑むならかなりの覚悟が求められる。辛口料理を食べるというのがバラエティー番組ならだれでもできるはずだ。だがバラエティーはそれ以外にも様々な要素が関係していることを忘れてはならない。

 

今後伸びるであろう芸人

 

間違いなくサンシャイン池崎は今後大きく伸びるであろう芸人だ。

 

アキラ100%と同様人気に火が付てている芸人と言っても過言ではない。ただ口に火が付いた時池崎は耐えることができなかった。今後さらにサンシャイン池崎が活躍することは間違いないだろう。サンシャイン池崎がテレビに出るたびに笑顔になる視聴者は多いだろう。

 

それほど勇気を与える影響力抜群の存在感を放つタレントなのだ。今後のテレビ業界、いや、サンシャイン池崎から目が離せない。