読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MY TREND NEWS

個人的に気になった時事ネタを記事にしていきます。

嵐がMステのトークでタモリさんと盛り上がれる理由

2017年4月28日のミュージックステーションで嵐が最新曲「I'll be there」を披露しました。

もちろんダンスも歌も良かったのですが、それよりも目立ったのはタモリさんとのトーク力。他の豪華メンバーと比べてもトークが盛り上がっていました。

 

どうしてここまで嵐はトーク力、コミュニケーション能力が高いのか。

不思議ですね・・・・。

 

f:id:zakkiblog:20170428205531p:plain

嵐 / J Storm 公式

 

信頼関係

嵐は個人のスキルはもちろんのこと、グループとして仲間との信頼関係が固い気がしました。誰かが話をミスっても他の人がフォローする。そういった信頼関係が長年一緒にいることで培われていったのだと思います。

 

この点でSMAPとは違う気がします。SMAPはSMAPなりに良かったのですが、個人間の力で打開するほうが多かった気がしました。嵐はチームプレー寄りな気がします。

 

キャラの差別化

ぼけるのは大野智。突っ込むのは二宮和也。このように嵐にはキャラの差別化が図られています。運営側の作戦なのか長年の蓄積と共に自然と出来上がっていったのかは分かりませんが、とても良いと思います。

 

よくグループ内で崩壊するパターンはキャラ被りです。似たような人たちで構成されたグループは統一感があっていいのですが、個性を奪う傾向があります。その点で嵐はそれぞれの個人がお互いの良い面を支えあっているのでキャラが被ることがありません。

 

見事な間の開け方

タモリさんが静かになった時には、自分たちも静かにする、あくまでもタモリさんのわき役に徹する。それが嵐です。自分たちで話が暴走しても片隅にはタモリさんがいます。なので完全にタモリさんを置いてけぼりにすることはありません。

 

タモリさんもそれを分かっていますので、静かになるとタモリさんのほうから話しかけます。これも信頼関係があるからこそ。嵐とタモリさんとの間の関係も良好なんだろうな、という印象を受けました。

 

まとめ

タモリさんには異様な空気があると聞きますが本当にそうだと感じます。こっちがしっかりしなきゃというか、真面目なことしか話してはいけない、と思ってしまいがちですが嵐はバランスがしっかりしています。ふざけるときはふざけ真面目な時には真面目に会話する。

 

このコミュニケーション能力があるからこそ嵐は他のバラエティー番組でも活躍できるんでしょうね。紅白歌合戦で司会を務めるのも良く分かります。MCもそつなくこなし、自ら汚れ役もこなす。バランスが良く受けの良い嵐の好感度は上がるばかりです。