MY TREND NEWS

個人的に気になった時事ネタを記事にしていきます。

AKB総選挙2017は雨で中止か?沖縄の雨で潰えるAKBの未来

AKB48の総選挙が波乱を迎えるかもしれない。というもの2017年は速報が出たのもつかの間、本当の総選挙当日は大雨の影響で中止になるかもしれないというのだ。これはAKBだけにとどまらず関係者やファンの人々すべてにとって大ダメージとなるだろう。

 

 

中止の可能性が

 

AKBオフィシャルサイトは6月15日にブログを新たに更新した。その内容はAKB48総選挙が大雨のため中止になるかもしれない、というものだった。これにはファンもたまらずため息が漏れたかもしれない。関係者の中には今回は沖縄開催という事もあって気合いを入れているスタッフもいた事だろう。しかしながら一番の大ダメージは総選挙に出馬している彼女たちのメンタルだ。果たしてこの状況をどう対処して乗り越えるのか。

 

とりわけ今回期待がかかっているのはNGT48の荻野由佳。

 

なんと速報順位で第一位に輝いた。渡辺麻友や山本彩、そして指原莉乃を抑えての第一位に会場全体がどよめいた。新潟放送では番組内で度々放送され、人気の高さをうかがいしれた。まさに波乱の幕開けとなったのだ。

 

だが蓋を開けてみれば大雨。沖縄は梅雨前線の影響で大荒れとなっている。沖縄開催がネックになるとは誰も思わなかったに違いない。沖縄は天候が不安定になることで知られている。特に6月の梅雨の時期はそうだろう。記録的な大雨の影響でスタッフは震え、中止も視野に入れているというから相当な悪天候だと予想できる。

 

だが今回の雨で気にかかるのはAKB離れの影響だ。

 

中止は大損失

 

仮に2017年の総選挙が中止になった場合、かなりの大損失を被ることになるだろう。今最も乗りにのっているだけに、この中止は痛手が大きい。まさに沖縄の雨でAKBの人気さえも流されてしまう危険があるのだ。

 

今現在AKB48グループの公式ライバルとして輝きを放つのは乃木坂46。幾人ものメンバーがモデルとして活躍し多数の楽曲を歌い、ダンスを披露する。17枚目シングルインフルエンサーでは超高速ダンスを披露しファンを感動させた。

 

そしてミュージックステーションではスカイダイビングを披露。まさに飛ぶ鳥を落とす勢いだろう。真の意味での公式ライバルとなっているのだ。今回の沖縄開催AKB総選挙に乃木坂46は出ていない。あくまでも公式ライバルだという事を踏まえての不出馬という事か。

 

今回の総選挙が中止になれば乃木坂46に流れが傾くだろう。さらにAKB48 離れが加速してしまうかもしれない。果たしてAKB48の未来は沖縄の雨で潰えるのだろうか。